練馬区で個人再生は需要の高い債務整理方法

練馬区個人再生

 

練馬区は人口が多く、都内ではどちらかということファミリー層が多い地域という感じではないでしょうか。緑が多いということもあり、都心で子育てをする際の候補になる地域だと思います。

 

副都心線や大江戸線が開通するようになってからは都心中心部へのアクセスも良くなってきたので、さらに移り住む人も増えています。子育て支援もしっかりとあり、待機児童の数も減っているということもあり、都内では比較的子育てに安心感のある地域という感じです。

 

そういったファミリー層が多い地域ということもあり、練馬区でマンションや戸建てを購入して住宅ローンを抱えている家庭も珍しくないです。そういった住宅ローンを抱えている状況で多額の借金を背負ってしまった場合に役立つのが個人再生です。

 

個人再生は住宅ローンを払っている家を残しながら借金を減らせる

 

個人再生は任意整理よりも借金減額幅が大きく、全ての借金が債務整理対象になって減額することができる債務整理方法になります。

 

そこで気になるのが個人再生を利用すると住宅ローンも債務整理対象になってしまうのかということです。債務整理で住宅ローンを債務整理対象にしてしまうと、当然ですがローンは完済できないことになるので家は没収されてしまいます。

 

しかし個人再生には住宅ローン特則というものがあり、これを利用すると住宅ローンだけを例外的に個人再生の対象から外すことができるので、持ち家を残したままで、それ以外の借金を大幅に減額することができます

 

個人再生は最大で借金を10分の1まで減額することができるので、住環境をそのままにしながら一方で借金を大幅に減らせるという特徴があります。

 

こうしたことから練馬区のようなファミリー層が多く、住宅ローンで家を購入している家庭が多いような地域だと個人再生のような家をそのまま残せる個人再生による借金整理はメリットの大きい債務整理方法になるのではないかと思います。

個人再生は手続きが難しいので弁護士への依頼は必須!

練馬区個人再生弁護士

 

個人再生を含めた債務整理手続きは弁護士や司法書士に手続きを依頼しないといけないという決まりはないですが、一般的に弁護士や司法書士に手続きを依頼する方が多いのは事実です。

 

個人再生のような債務整理をする方はお金がないので自分で手続きをしようとする方が多いのではと思いがちですが、個人再生は個人で手続きできるような債務整理方法ではなく、弁護士に依頼したとしても半年くらい手続きに時間がかかったりします。

 

ただ弁護士などに手続きを依頼すると、借金返済の窓口を弁護士が担当してくれるので、手続き期間中は借金返済の必要はなく、その半年間の間に個人再生の依頼費用を貯めることができたりします。

 

個人再生は裁判所で手続するような非常に厳格な手続きが必要な債務整理方法なので、経験が浅い事務所に依頼すると失敗する可能性もあります。そんな個人再生を依頼するなら手続きを失敗されないためにもできるだけ経験豊富な弁護士事務所に依頼するといいです。

 

下記のサイトでは個人再生に強い弁護士事務所をまとめているので参考になると思います。練馬区を含めた都内で個人再生に強いおすすめ弁護士事務所が載っていて、掲載されている事務所は全て無料相談に対応しているので、まずは無料相談を利用して話だけでも聞いてはどうでしょうか。

 

練馬区個人再生やじるし