中古車査定士 確認するポイント

車の色

車の査定額は「車種・グレード・年式・走行距離」などのデータから基準価格が決まります。
中古車の査定で関係してくる事柄は無数です。
中古車査定士がチェックして、どこかひとつだけが良くても、査定がぐんと高くなることはなく、車の査定はあくまでも総合点数で出される金額です。

 

車の色もプラス査定になる色と、マイナス査定になる色との基準があり、査定額に影響してきます。
そのため車を売るときのことも考慮して色を決める人もいます。

 

査定を受ける際にプラス査定になる色は、白と黒、またはパールホワイトです。
これらの色は流行にも左右されにくく、飽きない色として幅の広い層に人気があるため比較的高額で売れます。
しかし、その車種のイメージカラーというのがあって、フェラリーだったら赤がイメージされるように、スポーツカーなどは、白や黒はあまり使われていません。

 

メーカー限定の純正色も車査定のときは良くなる傾向がありますし、人気の車種の条件に当てはまっていると査定額がアップしたりします。
要は需要しだいで査定額がアップしたりダウンしたりしてしまいます。

 

ボディーカラーを塗り替えてあると、大きく査定に影響してきます。
車を製造するときの塗料は特別な塗料で堅固なものが使われています。
市販の塗料はそれとは比べ物にならず、色自体の問題と、塗装の軟弱さということで、Wでマイナスになってしまいます。
この車にはこの色というイメージカラーがありますから、個人的な好みで塗り替えてしまうと、再び売るときに難しくなるため、査定額が低いのは覚悟をしておく必要があるようです。

中古車査定士が確認するポイントエントリー一覧

車のパーツ

中古車査定士は車のパーツも念入りにチェックします。基本的にはメーカーの純正パーツが査定額も良くなります。逆に純正パーツではないと査定額は下がります。しかし、たとえ純正でなくても特殊なパーツを取り付けてカスタマイズしている車は、多数の買取業者さんに出して、査定してもらうのがコツです。ドレスアップ車など...

続きを読む

車のコンディション

車は、どんなにキレイでも、どんなにかっこ良くても車は動かなくてはなりません。それもただ動けば良いのではなく、スムーズに動くことが大切です。そこで、中古車買取の査定として重要なのが、車のコンディションです。車の調子の良し悪しが当然のことながら査定に大きく響いてきます。そのなかでも大事なのはエンジンの調...

続きを読む

車の走行距離

車査定で一番大きく影響するのが車の走行距離数です。車の寿命と言われる走行距離が長いほど査定額は当然下がります。いくら査定額を上げてもらいたいと思ってもこればかりは、ごまかしようも隠しようもありません。しかし、メーターの改ざんや巻き戻しをする悪質中古自動車屋さんがたまにいるそうですが、こんなのは中古車...

続きを読む

車のグレード

車を査定する車査定士さんは、当然のことながら車のグレードにも注目します。車査定時の車のグレードには装備品も含まれます。社外装備品も一応は評価はされるようですが、ただ、綺麗に付けられているかとか、その車種にマッチしているかどうかセンス的な物も評価されるため、査定額が上がるどころか場合によっては下がって...

続きを読む

車の年式

中古車査定士はもちろん車の年式をチェックして査定額を出します。しかし、査定士がチェックするところは、年式、型、走行数はもちろんですが、車のキズとか、ボディの傷み具合、内装の状態ほか色々なところを見ます。丁寧に乗っていて査定士に良い印象を与えると、査定の判断のひとつだけに、査定額アップにつながります。...

続きを読む

洗車

中古車査定士の印象を良くすることが大事なので、車査定前の車の洗車は必須です。そして、洗車は水洗いだけでなく、ワックスもかけてピッカピカにしておきましょう。見た瞬間受ける印象が大切なのは、人との出会いばかりではありません。中古車査定士さんが愛車を見た瞬間の事をイメージして、可能な限りキレイにしておきま...

続きを読む